腰や首、肩の痛みを感じたとき、どこにかかればいいのか
――誰もが抱える、悩ましい問題


 首や肩の痛みを感じたとき、どこにかかればいいのか――誰もが抱える、悩ましい問題です。ここでは、受診について書いていきます。

さまざまな選択肢

 歯が痛いなら歯科に、お腹が痛いなら内科に行けばいいですが、腰や首、肩の場合は、整形外科という病院の他にも、接骨・整骨院、鍼灸院、カイロプラクティック、マッサージ店などさまざまな選択肢があります。みなさんは、どうしていますか?

保険が効く、整骨院について

 整骨院は、柔道整復師(以下、柔整師と呼びます)という国家資格を持った人だけが開院することができます。整骨院は、保険適用で施術ができるので「保険が効くなら、ちゃんとした医療行為を行なうだろう」と、気軽に整骨院に通っている人は多いと思います。

 しかし、このように、安易に治療先を選ぶことは非常に危険です。

 なぜなら、柔整師に認められているのは、「打撲、捻挫、脱臼及び骨折に対して外科手段、薬品の投与等の方法によらない、応急的もしくは医療補助的方法によりその回復を図ること」と定められていて、「腰痛、肩こりや疲労に対する施術は、柔整師の業務ではない」とされているからです。

 腰痛、肩こりや首の痛みなどの症状を持つ人が整骨院で身体を揉まれたり、押されたりすることで一時的な満足感を得ているケースが多いと言われています。でも、前述の通り、腰痛などの症状は、整骨院の範疇ではありません。


 整骨院は、医療機関ではありません。整骨院にかかった人はおわかりと思いますが、いきなり施術から始まっています。病院などの医療機関では、「検査」や「診断」をまずしますよね?

 「骨が歪んでいます、ずれていますね。だから毎日通ってください。私が施術すると少しずつ治っていきますからね。」と、整骨院でよく聞く常套句ですが、きちんと検査をしていないのに、治療をすることは大変危険な行為だと言われています。

街中の無資格のマッサージ店

 街中の無資格のマッサージ店は、「マッサージ」と看板を掲げて営業をすることができません。そのため、「リラクゼーション」とか「ほぐし」と謳っています。

 これらのお店は、完全に無資格な営業ですが、意外にも、事故が起こりやすいのはこのような街中のマッサージ店よりも、柔整師の整骨院で施術を受けて、健康被害にあうケースが多いそうです。

日本の整形外科分野は、時代遅れ!?

 本来は、腰、首や肩の痛みに関して効果があるかどうか、科学的根拠において調査研究がなされるべきですが、優秀な研究者たちは、がんや糖尿病といったジャンルに集中してしまい、まともな研究が行われていないそうです。日本の整形外科分野は本当に旧態依然としている。とのこと。

 そんな時代遅れの治療で大切な身体が被害に合わないよう、十分な注意が必要です。