腰痛に有効な栄養素

 腰痛の原因の一つに、長時間同じ姿勢を続けるなどで筋肉が緊張したり、神経が疲れ、腰痛を引き起こすことがあります。

 そんなときには、腰痛に有効な栄養素と言われる、ビタミンB1とビタミンEを摂ることをオススメします。
 

各ビタミンの働き

 ビタミンB1には、筋肉や神経の疲れを和らげる働きがあります。

 また、ビタミンEには、血液の流れをよくして筋肉の緊張を和らげる効果があるので、腰痛を和らげる働きがあります。

 ビタミンB1・B6・B12は、神経ビタミンと言われています。これらのビタミンは、神経が正常に働くための重要な栄養素となります。

これらのビタミンを摂るためには何を食べればいいの?

ビタミンB1を多く含む食品

 豚肉・うなぎ・たらこ・ナッツ類

 ※ビタミンB1を効率的に摂取するには、煮たり蒸したりする調理法が、ビタミン損失率がすくなくなり有効です。

ビタミンB6を多く含む食品

 かつお・まぐろ・牛レバー・さんま・バナナ

ビタミンB12を多く含む食品

 牛レバー・鶏レバー・カキ・さんま・あさり・にしん

ビタミンEを多く含む食品

 ひまわり油・紅花油・たらこ・マヨネーズ

腰周辺の筋肉や骨を強化して腰痛予防

 腰痛の予防と治療には、腰の筋肉や骨を強くすることも大切です。

 筋肉強化には、やはり、タンパク質が必要です。タンパク質を摂って、背筋を鍛える体操をしましょう。

 骨の強化には、これも知られていますが、カルシウムが必要不可欠な栄養素です。あまり知られていないかもしれませんが、骨も2~3年周期で生まれ変わっていると言われます。そのため、毎日カルシウムをとりましょう。

タンパク質を多く含む食品

 ヒレ肉(牛・豚)・鶏胸肉・しらす干し

カルシウムを多く含む食品

 牛乳・チーズ・煮干し・干しエビ

【参考】腰痛に効くサプリメント

 腰痛に効くサプリメントは、こちら【初回半額セール中】