あなたの腰痛は、腰以外に原因がある!?

 腰痛の原因は、腰にあると考えがちですが、、以外にも腰以外に原因があることも多いそうです。腰が痛いのは、腰が悪いのではなく、他の部分が悪いからその結果、腰が痛くなる。ということです。

腰痛の原因、3大要素

 他のどの部分が悪いと、腰痛を引き起こすのでしょうか。腰痛の原因は、次の3つからきているそうです。

背骨の歪み

足の使い方

血流の悪さ

原因1.背骨の歪み

 腰痛を抱える多くの人は、背骨に歪みがあるそうです。

 背中が丸まっている猫背はもちろん、一見胸を張っているけれど、お腹の突き出た姿勢の方も、すべて背骨のゆるやかなカーブを崩していることになります。

 どちらの場合も背骨で重力を分散する力が弱くなり、結果、周辺の筋肉へ本来かけてはならない負担をかけてしまいます。すると、その筋肉に疲労がたまり、炎症を起こします。それが原因となり、腰痛が発症するとのことです。

 理想的なS字カーブを描くような背骨をしていれば、身体の重みを分散して腰椎で支えるため、局所的な負担がなくなります。

「朝の正座30秒」は、背骨の歪みを改善してくれます

 正座をすることで、正しいS字カーブを描く姿勢をすることができます。背骨を支える左右の筋肉は、この正しい姿勢を覚えてくれるので、意識しないで自然とよい姿勢を取れるようになります。


 
 


◆35歳以上特奨:3分間の腰痛対策『細胞活性ストレッチ』 東大名誉教授推薦!


関連ページ

 たった「朝の正座30秒」で腰痛解消!その1

 たった「朝の正座30秒」で腰痛解消!その2

 たった「朝の正座30秒」で腰痛解消!その3