あなたの腰痛は、腰以外に原因がある!?

 腰痛の原因は、腰にあると考えがちですが、、以外にも腰以外に原因があることも多いそうです。腰が痛いのは、腰が悪いのではなく、他の部分が悪いからその結果、腰が痛くなる。ということです。

腰痛の原因、3大要素

 他のどの部分が悪いと、腰痛を引き起こすのでしょうか。腰痛の原因は、次の3つからきているそうです。

背骨の歪み

足の使い方

血流の悪さ

原因2.足の使い方

利き足と軸足

 ふだんの何気ない歩き方、立ち方、体重のかけ方の左右差が広がると、腰痛が発症するそうです。「利き足」という言葉を聞いたことがあると思います。手と同様に、足にも「利き足」というものがあります。そして、「利き足」と逆側の足が、「軸足」と呼ばれます。

利き足の見分け方

 一番わかり易い、利き足の見分け方は、椅子に座って足を組むときに見分けられます。上に重なる足が、利き足だと言われています。一方、下に重なる足が、軸足となります。

 この、「利き足」と「軸足」の使い方の差が大きくなればなるほど、腰痛になりやすいと言われているそうです。

「朝の正座30秒」をすると

 「朝の正座30秒」健康法では、日常生活の中で偏りがちな利き足と軸足に対して、同じ力で圧をかけて、足首やひざの周りの筋肉や関節の状態を、左右均等に整えてくれます。もしもどちらか足が硬いのであれば、その硬い方をほぐしながら、同じ圧力(体重)をかけることによって、左右の違いを少なくしていきます。

 これにより、「利き足」と「軸足」の使い方の差を少なくし、腰痛を防ぐそうです。
 
 


◆35歳以上特奨:3分間の腰痛対策『細胞活性ストレッチ』 東大名誉教授推薦!


関連ページ

 たった「朝の正座30秒」で腰痛解消!その1

 たった「朝の正座30秒」で腰痛解消!その2

 たった「朝の正座30秒」で腰痛解消!その3