リンパ液と血液は、流れ方が違う

循環する血液・一方通行のリンパ液

 血液もリンパ液も、体内に管を持ち、その管を流れる液体である。最終的に、心臓に行き着くのは、共通している。 血液は、心臓まで流れるだけでなく、心臓から動脈を通り毛細血管まで流れると、静脈をとおり心臓へ戻ってくる。そして、また動脈を通り・・・と心臓と血管が正常に機能しているかぎり、常に巡回しているが、リンパ液は、川から海へ流れる水のように一方的に流れていく。

リンパの主となる役割は、身体中を巡回している血液から滲み出てくる栄養素をもう一度血管に戻してやったり、老廃物や異物を血管へ流入するのを防ぐことである。視点を変えると、リンパ液は、血液を助けているといえる。

心臓によって循環している血液・筋肉の動きによって押し出されるリンパ液

 血液もリンパ液も心臓に流れていくのは共通しているが、心臓は血液だけにポンプ機能を提供している。そのため、リンパ液が流れるためには、自力で流れるしかない。しかし、リンパ管には強力な自力ポンプはなく、貧弱なポンプだけで自発的に流れていく。 その流れは非常に遅く、老廃物を運び出すにはとても流れが弱い。しかし、リンパ管は、筋肉の収縮や外からの圧力によって流れがよくなるようになっている。そのため、同じ場所で同じ体勢でずっといると、足がむくんだりする。

リンパ液と血液は、役割が違う

血液の役割

 血液は、心臓から動脈へ入り、からだの隅々まで酸素や栄養素を届けています。毛細血管まで届け終わると、こんどは二酸化炭素や老廃物を静脈へ運びます。

リンパ液の役割

 これに対し、リンパ液は、まず体の組織液中のたんぱく質などの栄養素を回収し、回収した栄養素を最終的に血液中に合流させる役目を担っています。
 また、リンパ管の途中にあるリンパ節で、細菌や老廃物の体への侵入を防ぐ働きもします。 リンパ液の流れが良くなると、老廃物は除去され、タンパク質などの必要な栄養素は血液中をいきわたるようになる。
 ストレッチやリンパマッサージが美容に効果的といわれるのはその所以である。