細胞活性ストレッチ理論とは

 東大跡見名誉教授の最新の細胞に関する研究の情報を、細胞活性研究所の主任研究員が、30年近い運動理論の研究成果の中に取り入れることにより誕生しました。

 細胞活性研究所の主任研究員とは、小川清貴氏で、一般社団法人 国際細胞活性協会 代表理事をされています。

小川清貴

一般社団法人 国際細胞活性協会 代表理事
細胞活性ストレッチ理論開発者・主席研究員

出身地:岩手県生まれ、中学まで北海道育ち
1959年2月生まれ独自の運動理論によりセラサイズスタジオのレッスンで使用される
プログラムの全てを設計を担当。

元CSK課長、SE、ゲームクリエイター、プロデューサー
東京大学跡見順子名誉教授に師事
東京農工大学(工学部)工学府 博士課程に在学中
『動きの意味を研究している』脳&運動科学者

最新細胞学が、医師が諦めた腰痛を解決

 1日たった3分間の動きを1週間続けることで、リンパの流れや血流が上がって、身体の変化を実感できます!

 1週間以上、このストレッチを続けていると、リンパの流れ、血流UPで体の変化を実感!
 最大の特徴は、予想を遥かに超えて体力を回復すること!

 【1週間で体の変化を感じなければ、全額返金保証中!】

35歳以上特奨で腰痛肩こり等に効果的な細胞活性ストレッチ!

特徴1.適度な刺激で効果が出るので、がんばり不要!

特徴2.1日に1回寝る前の3分間ストレッチだけでOK!

特徴3.簡単ストレッチなので、年齢制限なく、だれにでもできる!

特徴4.腰痛だけでなく、リンパの流れや血流をアップし臓器や脳も活性化!

特徴5.劇的に全身が機能を回復:アンチエイジング効果!

 このストレッチに関するマニュアルは、難しい知識を必要としないで、映像でわかりやすく解説しているので、誰にでも簡単にストレッチを実践することができます。