リンパってなに?

 最近、”リンパマッサージ”“リンパが腫れる” など、耳にする機会も多いと思います。 それでは、リンパってなに?

それを説明します。

 

リンパの役割(概要)

 リンパは、私たちが生きていく上で不可欠な、身体の防御システムを担っています。

 私たちの身体には、血管(血管網)が張り巡らされています。
 リンパ(リンパ管網)も、血管同様に全身に張り巡らされていて、それは、血管と寄り添うようにあります。

リンパ液とは

 血管に流れる血液と同じように、リンパ管には、”リンパ液”が流れています。

 リンパ液は、血管から染み出してきた電解質や、タンパク質を含む透明な液体で、体内の組織を浸しています。 主に、血しょうと白血球の一種であるリンパ球から構成され、タンパク質の量が少なくなっていて、赤血球は含まれていません。

 リンパ液の中に見られるリンパ細胞は、体内の免疫系に関係した白血球 が分化したものです。
体内に侵入してきた微生物を攻撃し、破壊することにより、私たちの健康を維持します。これを免疫反応と呼びます。

 リンパ管はリンパ液を運びますが、リンパ液は、血液のように心臓のポンプの力で循環するのではありません。リンパ管周辺の筋肉の収縮運動により、巡回するものです。

リンパ節でろ過

 リンパ管の色は透明で、細い管のようになっています。リンパ液とは、そのリンパ管の中を流れている無色透明の液体のことをいいます。

 リンパ管は、体のさまざまな部分に張りめぐらされているので、リンパ液も体じゅうに行き渡っています。

 リンパ管が組織液を回収する際に細菌や異物も同時に入ってきますが、リンパ管の通り道にある「リンパ節」がフィルターの役割を果たして最近等を除去してくれます。

 そのリンパ節は、全身約800個の箇所にあり、特に密集しているのは、耳の下・わきの下・股関節あたりのそけい部です。免疫機能があるリンパ節は、菌が体内に侵入してこないようにする働きがありますが、リンパ節は多数あるので、一回ではなく何度も繰り返しチェックを行い、異物や菌が心臓や脳に流れ込まないようにしています。

 また、血液中に細菌などが侵入すると、「白血球」がはたらき、菌などを退治するように、組織液に病原菌などが侵入した場合には、リンパ管に回収されるしくみになっており、リンパ液と一緒にリンパ節へ運ばれていきます。そしてリンパ節のフィルターでリンパ液から菌が除去されます。

 また、リンパの働きのひとつてして重要なものに「老廃物のろ過」という役割があります。リンパ液に入ってくる成分には、栄養素・細菌のほかにもアンモニア・尿酸・乳酸などの老廃物があり、リンパ液と一緒に体内を循環します。

 リンパ液は、循環すると必ずリンパ節を通過するので、リンパ節のフィルターによって老廃物を取り除き、リンパ液はきれいにろ過されます。そしてリンパ液は再び静脈に入って心臓へ戻ります。